タータン事典 チェック模様に秘められたスコットランドの歴史と伝統

更新日:2019/09/11

タータン事典

チェック模様に秘められたスコットランドの歴史と伝統

イアン・ザクゼック(IAIN ZACZEK) / チャールズ・フィリップス(CHARLES PHILLIPS)著

穴水 由紀子 訳

2019年9月 発行

定価 4,800円

ISBN:978-4-907600-62-4

サンプルページ(PDF)

・  詳細目次、はじめに、他

概要

タータンはスコットランドの人々と文化の象徴である、と世界中の人が認識している。しかし、何世紀にもわたる盛衰を経て、生粋のスコットランド人だけでなく、世界の各地で暮らす子孫にとって名誉のしるしとなったタータンの歴史はあまり知られていない。

本書で著者は、スコットランドの歴史だけでなく、国家の独立と文化的アイデンティティの確立を求めるスコットランドの苦闘にタータンがどのように巻き込まれていったのか、についても論じながら、このロマンあふれる織物の勇敢な歴史について、その発祥から、企業・団体の象徴、行事や偉人の記念としての登録、そしてファッションの柄としての流行までを詳しく説明している。

本書は、スコットランドの運命を左右した主要な氏族から、忠誠や所属を表明するためにタータンを着用する現代の個人や団体に至るまで、古代の柄や現代の柄、伝統的な柄や由緒不明の柄、有名な柄や特異な柄を、柄の見本だけだなくスコットランドの美しい自然やタータンの歴史を象徴する建物や絵画、資料も豊富に掲載して幅広く紹介する、過去に例をみないタータン事典である。タータンが好きな人だけでなく、民族史やスコットランドの文化や歴史に関心のある人も楽しめる事典となっている。

目次

はじめに

第Ⅰ部 タータンの歴史

タータンの起源

タータンの弾圧

タータンの復活

連隊の(レジメンタル)タータン

現代の(モダン)タータン

第Ⅱ部 タータン名鑑

代表的なクラン

主な一族・クラン

現代のタータン・世界のタータン

訳者あとがき

詳細目次

タータン索引

事項索引

謝辞

著者紹介

イアン・ザクゼック(Iain Zaczek)

美術史に詳しい著述家。スコットランドのダンディーで生まれ、オックスフォード大学ウォドム・カレッジならびにコートールド美術研究所で教育を受けた。ケルトの文化や伝説にかんする造詣が深く、タータンについて、さらにはタータンがスコットランドの歴史や社会、人々の暮らしにどのような影響を与え、浸透していったのかについても研究し、執筆をおこなっている。『図説ケルト神話物語(Chronicles of the Celts)』『Celtic Art and Design』『The Clans and Tartans of Scotland』などの著書がある。

チャールズ・フィリップス(Charles Phillips)

民間史について定評のある著述家。カッセル社の『Dictionary of Modern Britain』、ドーリング・キンダースリー社の『Chronicle of Britain』や歴史を扱った図版入り書籍に寄稿。『タイムライフ(Time Life)』誌に連載された、古代文化の芸術・歴史と神話を融合させた「神話と人類」シリーズの主要作家として活躍した。スコットランド史の熱心な研究家であり、その家系は、クラン・マッキントッシュならびにクラン・ゴードンと関係がある。オックスフォード大学を卒業し、ウェストミンスター大学で文学修士号を取得。現在、イギリス作家協会会員。

訳者紹介

穴水 由紀子(あなみず ゆきこ)

東京女子大学文理学部社会学科卒業.エネルギー関連企業勤務を経て,英国バース大学通訳翻訳修士課程修了.訳書に『世界開発報告2012――ジェンダーの平等と開発』(共訳),『リーダーをめざすあなたへ――成功した女性の8つの戦略』,『世界の大河で何が起きているのか――河川の開発と分断がもたらす環境への影響』(以上一灯舎)がある.


タグ: